伝えるべき内容は初めにまとめておこう

最近ハガキなどを作成する機会は減ってきていますが、その中でも喪中はがきはなかなか作るする機会はないといえますよね。身内の中でも2親等で不幸があった場合に作るはがきになります。そのため突然喪中になった場合、初めて喪中のはがきをつくるとなるとなかなか難しいですよね。そのためまずは喪中の際に投函するはがきの意味をしっかり理解すると良いですよ。まず内容としては喪中であるという内容を知らせる意味が込められます。同時に新年のあいさつが出来ない事へのお詫びの意味もあります。また身内の誰に不幸があったのかなども伝える場合も多いです。実際にはがきの中身ではそれらの内容を伝えることがポイントになってくるので、一度作る前にまとめておくとよよいですよ。最初にまとめておけば作り始めても途中で迷うことがなくスムーズに進められます。

文章作成時は例文などを参考にしよう

初めて喪中はがきを作る場合ですが、伝えておくべきポイントをまとめておきます。次に伝えるべき内容を踏まえながら文章を作っていきますが、やはり初めての場合はどのような文章にしたらいいかわからない場合も多いですね。そんな時はインターネットなのど文章例などを参考にするとよいですよ。インターネットの環境さえあればパソコンだけでなくスマホなどでもすぐに確認することができます。また文字の大きさや言葉遣いなども、送る相手に失礼のないような文章にすることができますね。また例文を参考にすることで伝えるべきポイントの漏れなどを防ぐこともできます。例文自体はいくつものパターンが掲載されていることが多いので、自分自身でよく確認しながらより目的にあった内容のものを選ぶとよいです。

相手に失礼がないよう投函時期は遅れないようにしよう

喪中はがきを作成する場合ですが、注意すべきポイントとなるのが投函時期になります。まず喪中のはがきの目的として、新年のあいさつが出来ない事を知らせる内容が含まれていますよね。そのためあまりに早く出してしまうのもマナーに反してしまいます。例えば新しい年が明けるまでまだ半年以上も先の状態で、喪中のはがきで新年の挨拶ができませんという連絡がきても相手にとっては先の話しすぎて困ってしまいますよね。逆に年が明ける直前などに出した場合、これは時期が遅すぎるとなってしまいます。貰った相手は既に年賀状を既に投函してしまった後になってしまいますよね。そのため早すぎず遅すぎない時期として、11月中旬ごろから12月頭頃を目安に相手に届くように出すのがポイントになりますよ。喪中はがきのタイミングはあくまでも相手に対して配慮が必要だと言う点を抑えておくとよいですね。