喪中はがきを作成するときの注意点を知る

一般のはがきかできれば専用はがきを利用

11月ぐらいから年賀状が発売になります。イラストやソフトなどはそれ以前から発売されているので、それを利用して事前にデザインを考えている人もいるかもしれません。家族に不幸があったときには、1年間は喪中期間とされます。お祝い事や挨拶事などは控えるのが良いとされ、年賀状のような新年の挨拶も控えます。ただ出さないだけでなく、相手には喪中はがきを作成して予め出すようにします。では注意点はあるかですが、まずははがきを用意します。郵便局で喪中用をくださいと伝えると用意してくれます。普通紙タイプとインクジェットタイプがあるので、好きな方を選ぶと良いでしょう。チケットショップではあまり売られていないので、郵便局で買うしかないでしょう。郵便局以外のはがきで出すなら、専用の切手を貼ると良いでしょう。

あまり派手過ぎない構成にしておく

新年を迎えるのはお祝い事です。多くの人は年が明けるとめでたいと騒ぐ人もいるでしょう。紅白や金色の派手な飾りつけなどをすることもあります。しかし、喪中の家庭ではこれらのお祝いはしません。その年の正月は静かに過ごすように心がけます。年賀状のやり取りもしないので、事前に喪中はがきを作成して挨拶を控えることを伝えておきます。ではどんなデザインにするのが良いかです。デザインは特に必要でなく、文字だけを書くだけで問題ありません。ただそれではあまりにも寂しいと感じるでしょう。その時にはちょっとしたイラストを入れても良いでしょう。ただ、紅白や金、その他原色に近い色は控えます。ちょっとした花であったり自然の風景を感じさせるイラストを目立たないように配置するのがいいかもしれません。

必要事項をきちんと書くようにしておく

家族が亡くなるのは非常に悲しいことでしょう。あまり人に伝えにくいかもしれません。しかしずっと話さずに済ませるわけにはいきません。例年年末にかけて年賀状の準備をしますが、喪中なら年賀状のやり取りはできません。そこで喪中はがきを作成して、相手に内容を伝えます。では、何に注意が必要かですが、必要事項をきちんと書くようにします。専用のはがきを使って、年末年始の挨拶を控えることを書いておきます。これだけで済ませる人がいますが、誰がいつ亡くなったのかも書いておきます。このはがきには、誰が亡くなったかを知らせる目的もあるからです。後で誰が亡くなったのか聞かれるような書き方は良くありません。書く内容は必要最低限に抑え、自分の近況などを書かないようにします。シンプルに仕上げるようにしましょう。