事前に確認しておく喪中はがきを作成する際のポイント

喪中を作成対象になる親族の範囲について

親族で不幸があった場合に重要なポイントとして新年を迎える挨拶は控え変わりに、喪中はがきを発送する必要がでてくるという点にありますよ。新年のあいさつが出来ない理由も含めて、身内に不幸がありましたということを知らせることにもなります。では実際に親族であってもどの範囲までが、喪中のはがきを出す対象になるかがきになりますよね。親等でいえば2親等までの身内が亡くなった場合ははがきを作成する対象になりますよ。1親等は両親の他に配偶者や自分の子供が対象になります。2親等の場合は自分の兄弟の他、祖父母や孫までが対象となります。以外かと思われますが叔父や叔母などは親戚という身内になるため、3親等以降の身内が無くなった場合は喪中のはがきを発送する必要はないと考えてよいですね。

喪中はがきを送った方がよい相手について

身内に不幸があり新年のあいさつができず、喪中はがきを発送する場合に誰に送ればよいかという問題がありますね。あまり深く考えず、毎年のように年賀状のやり取りを行っている人に発送すると考えると良いですよ。ただし自分自身が喪主を行った場合は、亡くなった身内が生前に年賀状でやり取りをしていた人にはがきを作成して発送する必要がありますよ。そのため故人の持ち物の中でも、早い段階で年賀状などの控えはしっかりまとめて事前に整理しておくとうよいですね。ただし年賀状のやり取りをしている人の中には、既に葬儀で不幸があったことを知っている場合もありますよね。葬儀に参列した人にはあえて発送する必要はないので、はがきを発送せずとも問題はありませんよ。あくまでも遠方で葬儀に参列出来ず、かつ年賀状のやり取りを行っている人に知らせとしておくることがポイントですね。

はがきを投かんする時期について

実際に喪中のはがきを作成して発送する場合ですが、いつ頃までに発送したら良いのかわからない人もいますよね。まず喪中のはがきの意味として、身内に不幸があったので新年の挨拶をである年賀状は発送しませんよという知らせになります。そのため発送相手が年賀状を投函してしまう前に、事前に知らせることがポイントになってきますよね。年賀状自体は12月の中旬ごろから受け付けを行っているので、早くても12月頭までには喪中の知らせが手元に届いていることが重要になってきます。その為11月の下旬ごろから12月の上旬までに届くよう、喪中のはがきを送るのがポイントになりますよ。