喪中はがきを作成した際のマナーやポイント

喪中はがきは必ず投函したほうがよいのかについて

日本では昔から身内で不幸があった場合、新年のあいさつを控えるという習慣があります。そのため年賀状での挨拶以外に、直接言葉にだしてあけましておめでとうという挨拶自体も控える傾向もあります。ですが最近では年賀状自体の挨拶自体がへっており、特に若い世代はスマホのアプリなどを利用して挨拶を済ませてしまう場合も多いです。実際に自分が喪中になった場合に喪中はがきの作成が必要かという点ですが、社会人であれば基本的なマナーとしてはがきを投函することが望ましいですね。また年賀状でのみやり取りを行っている人であれば、しっかりはがきで知らせることが大切になります。ただし気心のしれた友人や知り合いであれば、通信アプリなどを利用した知らせだけでも問題はありません。ただしあくまでも友人程度の間柄であればという点になるので、やはりマナーをまもり喪中のはがきを作成したほうがよい場合が多いですよ。

どこまでの身内が喪中の対象になるのかについて

実際に身内に不幸があった場合ですが、自分にとってどこまでの関係が喪中範囲の対象になるのかがわからないという場合が多いです。では実際に基本的なマナーとしてですが、2親等までは喪中の対象だと考えておくとよいです。まず1親等は自分の両親や配偶者に子どもが含まれます。2親等になると自身の兄弟や祖父母なども含まれています。基本的には2親等までは喪中の対象になりますが、中には祖父母の場合は出さないという人も増えてきています。昔に比べて祖父母と同居している家庭が減ってきているという点も、大きな理由の1つになっているようですね。そのため2親等でも兄弟なら喪中の対象であり、祖父母になると人によっては喪中はがきを出さないという感じになります。ちなみに3親等になるおじやおばにいとこや、それ以外の遠い親戚などは喪中はださなくても問題はありません。

はがきを送る相手の範囲の決め方について

では実際に喪中はがきを作成した時に出す相手ですが、基本的に身内には出しませんよ。なぜなら身内であれば故人の葬儀に参列しているので、あえてわざわざ喪中ですと伝える必要がないと言う点が大きな理由ですね。ではそれ以外に送る相手ですが、毎年年賀状のやり取りで挨拶を行っている人は全て対象を考えておくとよいですよ。そのため毎年やり取りをしている年賀状の中で、身内以外の相手にははがきを出すと考えると良いですね。他には会社の取引先や関係者はどうしたらよいかという点ですが、公私を分けるという考え方が多いようです。そのため例え喪中であっても、仕事の取引先や関係者に対しては通常通り年賀状を発送する場合も多いようですね。会社関係者のなかでもより身近な人であれば喪中で問題ありませんが、あくまでも取引でのやり取りだけの相手であれば、喪中を伝える事はせず新年のあいさつを行うのが一般的と考えておくとよいです。