喪中はがきを作成する際のマナーについて

喪中は年賀状を作成してしまう前に知らせよう

身内に不幸があった場合は故人との最後のお別れをするため、生前お世話になった人に葬儀の知らせを行います。その後は身内に不幸があったという事を知らせるため、年賀状による新年の挨拶は控えるために喪中はがきの投函が必要になりますよ。ただし喪中の知らせは早めに送るのがポイントになります。新年のあいさつを控えさせてもらいますという知らせになるので、相手が年賀状を投函してしまう前に送らないと意味がありませんよね。そのため喪中はがき自体は早めに作り、投函する時期としては11月下旬から12月頭には相手に知らせが届くようにおくることが大切になりますよ。そのため投函までに余裕があるのであれば、早めに作成して事前に遅れないよう対策しておくとよいですね。

喪中の内容はしっかりポイントを抑えて知らせよう

実際に喪中はがきを作る場合ですが、実際にどのような内容にしたらよいかという点がありますよね。まず作成する際に知らせなくてはならないポイントをしっかり伝えることが重要になります。まずは年賀状も含めて新年のあいさつ自体を遠慮する旨を伝えます。次に喪中になった理由もしっかり記載することが大切です。身内の中でも自分にどのような関係の人だったのかやいつ何歳で亡くなったなのかも記載すると良いですね。最後に結びの挨拶を記載して作ります。喪中はお祝いのような知らせではないので、明るい色合いのデザインされたものは避けるようんいします。基本的に色は落ち着いた灰色や薄いグレーで、花などが軽くデザインされているタイプのはがきを使用すると良いですね。

相手から年賀状が届いてしまったら正しく返事をしよう

喪中のはがきを投函することで新年のあいさつができないと相手に知らせることができるので、新たな年を迎えても基本的には年賀状が届く事はありません。ただし喪中はがきの投函時期が遅れてしまった場合は、相手が年賀状を既に作成して投函してしまった後の場合もあります。また喪中だと知らないで年賀状を送ってきた人もいますよね。その場合は新年のあいさつが出来ないからと何もしないのではなく、寒中見舞いとして挨拶やお礼を伝えるようにします。内容としては、寒中見舞いの挨拶だけでなく年賀状を頂いたお礼と合わせて自分自身が出せなかったことを詫びる内容にすると良いですね。またより身近な人なので電話などができる場合は、寒中見舞いのはがきではなく直接電話しても問題はありません。